alt1番目

歯医者のタイミング

歯が痛くなったら歯医者に行って治療することになりますが、歯医者が苦手でなかなか行けない人も多いでしょう。しかし行くのが遅くなればなるほど虫歯が進行して治療に時間がかかりますし、痛みも増してきます。歯の痛みを感じたら、出来るだけ早く歯医者に行くことが大切なのです。では、歯医者に行くのは虫歯になってからで良いのでしょうか。実は、虫歯にならないように歯医者に行って定期的にメンテナンスをしてもらうのが賢い通い方なのです。虫歯は知らないうちにできて最初は自覚症状がないことがほとんどです。しかし、一度なってしまった虫歯は決して自然に治ることはないので、何が大事かというと早期発見、早期治療なのです。初期の段階で治療出来れば負担は軽く済むので、少なくとも半年に一度は定期検診に行く習慣をつけましょう。

歯医者で出来ることは虫歯の治療や定期健診だけではありません。歯の矯正やインプラント、歯のホワイトニングなど、美容的な面での治療もしてもらえます。笑顔になった時、歯が綺麗であることは大事ですよね。歯の綺麗さは人の印象を左右します。このように、虫歯はなくても歯の美しさを求め通う人もいます。しかし全ての治療に保険が使えるわけではありません。保険の効く治療と効かない治療の線引きは素人には分かりにくいですが、一言で言えば材料の差と言えるでしょう。また、必要な治療は保険、美しさを求める場合には保険が使えないということも言えます。治療について何か気になることがあれば歯医者さんに相談してみると良いでしょう。日本人は歯に対する意識が低いと言われています。定期的にメンテナンスをすれば歳をとっても自分の歯で噛むことは可能なのです。今からしっかりと歯医者に通う習慣をつけ、治療ではなく予防を大切にしましょう。