alt1番目

予防歯科とは

歯科医院を受診するのは歯が悪くなってからと思っている人がほとんどではないでしょうか。確かに虫歯や歯周病が悪化して歯科へ受診する人の数は多いでしょう。最近は医療技術が発達したので治療に痛みを感じて苦痛な思いをすることが少なったかもしれません。しかしながら歯の治療はその状態によっては長い治療期間を要することもあります。またその都度治療費を支払うのでトータルするとかなりの額の治療費を支払っているかもしれません。そのため最近では予防歯科という分野が注目を集めているようです。予防歯科とは歯が悪くなる前に定期的に歯科へ受診をしてメンテナンスしてもらうことです。歯石を取ってもらったり、ブラッシングの指導を受けたりなどその内容は様々です。しかし定期的に受診することで健康な歯を維持できるメリットがあるのです。

最近では美容に対する関心が高まっておりますが歯についても同様です。綺麗な白い歯にすることで笑顔にも自信が持てるなどといった効果があるようです。ホワイトニングは着色した歯を削らずに、歯のそのものの色を薬剤を使って化学的に白くさせる治療法であります。ホワイトニングするには注意点もあります。まず効果は個人差があることです。また虫歯や歯周病やその他の理由によってホワイトニングが出来ない場合があるためホワイトニングをする前に口腔内の検査をする必要があります。更にはホワイトニングの治療中に薬剤が歯の象牙質などのヒビなどを刺激することで知覚過敏を起こすことがあります。ただしこれは治療が終わると症状は治まるようです。このようにホワイトニングをするには注意点があるため事前に歯科医と相談してから治療を行いましょう。